スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うれしいひなまつり」なぜ短調?

ひなまつりで歌われる定番の曲といえば

うれしいひなまつり


この曲、ぱっと聞くと

ちょっともの悲しい印象を受ける短調の曲です。



うれしいひなまつりのハズがなぜ短調の曲なのか

気になったので調べてみました。




wiki にこのように書いてありました。




題名どおり、ひな祭りを歌った曲。

1935年(昭和10年)、サトウハチローが

娘に雛人形セットを買ってやった前後に作詞したとされる。

それに河村が曲をつけ、

1936年(昭和11年)1月にレコードが発売されている。


楽しい行事を歌った曲で、

題名にも「うれしい」とあるにもかかわらず、

西洋音楽的に分類すれば短調である。

ただし、唱歌の多くは日本古来のヨナ抜き音階を用いて

作曲されており、短調の曲も多い。

この曲についても、短調としたことにより

日本情緒がよく表現されているとも評されている。


一方で、歌詞の中に官女から嫁いだ姉を連想するくだりがあるが、

これについては、嫁ぎ先が決まった矢先に

18歳で結核で亡くなったサトウハチローの姉のことを

歌っているものであり、この曲が短調なのはハチローの姉への

レクイエムだからであるとの解釈もある。


サトウハチローが作詞した楽曲の中では

最もよく歌われるものの一つともいわれ、

日本では広く知られた曲となっている。

一方、歌詞には雛人形を歌った内容としては不正確な描写が含まれており、

作詞したサトウハチローはこうした誤りを気にし、

晩年までこの曲を嫌っていたという。

具体的には、男雛と女雛を「お内裏様とお雛様」と呼ぶのは

この歌から広まった誤用で、

また右大臣を「赤い顔」としているのも誤りである。





いろいろな思いが込められてのこの曲なんですね・・・


単純に「うれしい」ハズのひなまつりが

短調の印象で「うれし」くなさそうだなぁ~

なんて思ってましたが(-_-;)


歌の印象がかわりました。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

RINCA

◆ RINCA
(読:りんか)

なかなか節約できないダメ主婦が
節約&在宅ワークで
へそくりを作ろうと決意!

(仮)は将来へそくりの域を越えて日々の生活の足しにできたらなぁという思いから

今までの生活を見直し
節約しつつも
旦那子供には節約を感じさせない!

さらには家事&育児に影響しないようにコソコソ在宅ワークで収入を得つつ
楽しんでへそくり作りがんばります♪



† 家族紹介 †
◇相方(同級生)
◇まぁちゃん(2010.05生 女の子)
◇さぁちゃん(2012.04生 女の子)
◇ティル(Mシュナの男の子)
◇ハムちょ(ジャンガリアンの女の子)

住まい:埼玉県川口市
出身:山梨県南アルプス市

2人の娘はともに帝王切開で出産しました。
結婚・妊娠を機に仕事をやめ、専業主婦をしています。
保育所にあずけて仕事復帰も考えたことがありますが、住んでいる地域の保育所が激戦で、普通なら優先順位が高いハズの公務員でさえ、あずけることができないようなところなので、仕事復帰はしばらく保留。
代わりにネットで収入を得る方法を模索中です!

管理画面

カテゴリ
にほんブログ村
検索フォーム
アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策

アフィリエイト始めるならイークリック!
お小遣い稼ぎ
■マクロミル
マクロミルへ登録

■ECなび


■ライフメディア
ライフメディアへ登録

■げん玉

リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。